×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戯言ログ2010


戻る


(5.20)

ロンドン五輪のマスコットはジュラル星人の親戚かなんかですか

『ブロッケンブラッド』読んでたら、
守流津健一→森近霖之助(幼年時代)
四方田礼奈→八雲紫
なお話を想像して、やめた

東方W、2話構成はあきらめて3話構成にしました→中編
でも話の区切りで盛り上げようとさらに風呂敷広げたので回収が大変に

(5.12)

思わず『ブロッケンブラッド』単行本を買ってしまった
毎回毎回身内に人権踏みにじられながらもけなげに戦う健ちゃんカッコいいです

↓の続きを書いてますが
2回分の枠に入らなくなってきた
後の番組は削れないから前の番組の時間を半分削って45分枠にするか、それとも3回目に突入するか・・・

(5.5)

命蓮寺メンバーがTRPGをやったらどうなるかとふと考えてみた

星さん:スパーク
ナズ:リーフ
白蓮さん:アルド・ノーバ
一輪さん:グリーバス
船長:ギャラック
ぬえ:ライナ

ナズにつっこまれまくる星さん

↓のつづきをじわじわと書いてます

(5.3)

GWだというのに忙しくて描いたりする暇なし・・・
↓の続きをちょっとだけ書いてみました

(4.11)

>\夢想!/ \奇跡!/
>首を長くして待ってますw

ちょっとやってみた


(4.6)

ダブルスポイラーとどいたー
星さん下敷きが欲しかったのであやもみ図書カードといっしょにメッセで注文しました
しかしやる時間がない・・・

「ボーダーのガイアメモリ」によりスキマを自在に操ってたけど
次第に暴走してきたD4Cなドーパントによって風都と幻想郷がつながってクロスオーバーで
\夢想!/ \奇跡!/
とか書こうと思ったけど忙しくて時間がなかったでござる

(4.3)

例大祭おつかれさまでしたー(遅
いろいろと行事などが立て込んでいて、期末になってやっと家に帰れたもののそれからも行事続きで、
最近は21時になったらもう眠気に飲み込まれるくらい疲れてます
有明での例大祭参加は初めて(さらに東で東方、というのも初めて)で、
サークル参加の人と一緒に7時過ぎに着いたらすでにごっつい人出で口あんぐり
外周一列目に並び、W見て「メタルツイスターかっけー」とか思いながら時間を潰して、適宜用を足しながら入場
さすがにだだっ広くて、一部混む所もあったけど混乱もなくてよかったです
でも広いので挨拶も大変だしスペースをゆっくり見て周ることもできないし、
チェックしたところを周るので精一杯というのにはちょっと物足りなさが。
ダブルスポイラーは委託待ちと割り切ってたので、メッセに注文、しようと思っていたけど毎日速攻で睡魔に負けてしまっていたので、
やっとこ今日注文。
だもんでまだプレイしてはいないんですが、はたてちゃんは何ですか、太秦のあれの親戚かなんかですか
↓は、例大祭に挨拶用として持っていったペーパーの絵。
移動前日に周囲の目を盗んだり盗まなかったりしつつざっくりざっくりと。

「夙夜(しゅくや)惟(こ)れ寅(つつ)しみ、直なれや惟れ清ならむ」
『書経』舜典のことば。「早朝から夜までおそれつつしみ、行いを直くすればその心は清く明らかとなる」というふうな意味。
だったと思う。
「寅(イン)」という文字は元来「つつしむ」の意味。十二支に動物を当てはめた際、トラが当たったので「寅」が「トラ」も意味するようになった。
星さんにぴったりな言葉だと思います。

にっぽんのじんじゃ、
ねんがんの関東地方、限られた時間でしたが香取鹿島、息栖の東国三社や筑波山
そして鎌倉を駆け足で周ってきました。
香取さんに鹿島さんはでかかった。筑波山も男体山・女体山の両峰制覇はなかなか疲れた・・・
晴れていればよかったんだけど。

あと、若狭丹後 半島とか。
若狭神宮寺は日本で唯一?作法として仏前で拍手を打つお寺。
東大寺二月堂の「お水取り」、どこの水を「取る」のか、といえば、若狭のこの地から「儀式にて送った」お水を「儀式にて取って」いる。
丹後半島は日本昔話の宝庫。
浦島太郎、羽衣天女に加え、「かぐや姫」という人物を天皇の妃として輩出している。あと大江山もあるし。
かなりのワンダーゾーン。

(3.10)

忙しいー

シドニー・スミスはカモメとお話(腹話術で)なのか
何でネルソンの白熊のこと知ってんだ

久しぶりに書店をじっくり回ってみた
『夢幻紳士 回帰編』を買う
フェローズ買ってみたら『為朝二十八騎』の第1巻とっくに出てたことを知る
探さないと
あと講談社学術文庫の『日本後紀』(中)(下)。

例大祭はこれも久しぶりに行けそう
でも前後が立て込んでるので、バタバタすると思うけど・・・
ダブルスポイラーは・・・やっぱり委託待ちかなあ
てかあややがトンガリ耳だったとは

バレンタイン絵の続き↓

「・・・どうしてあの人に贈り物を?」
「去年、お姉ちゃんとあの人が何だかいい感じだったのがうらやましかったから、私もやってみただけだよ。
上の方じゃ、そういう風習ができてるみたいだね」
「・・・それだけで?」
「うん」
「・・・本当に?」
「そうだよ。どうしたのお姉ちゃん、そんなにむきになって。おっかしい~」
「・・・その風習のこと、誰に聞いたの?」
「お燐に」
「・・・・・・お燐、あとで私の部屋に」
「(ひいいいい!訊かれたから正直に答えただけなのにー!)」
「うにゅ?」
「・・・そのわりには、日にちを間違えたようだけど」
「ああ、何でかわからないけど間違えちゃった。ちゃんと聞いてたのになあ」
「(・・・ちょっとした羨望なのかしら。それとも、やっぱり・・・無意識のうちに・・・)」
「もう遊びにいっていいかな?」
「どこへ?」
「さあ。それじゃねー」
「・・・・・・・・・・・それじゃお燐、こっちへいらっしゃい」
「(まさにこれ・・・正直者の死っ・・・!)」

どうなるんだいったい

(2.21)

信貴山行ってきました。
山中の聖地というのはいいですよね。
お寺の場合は、何かと山頂にお堂を造りたがるのが何ですけど。つかれるー
空鉢護法堂、ホントに信貴山山頂(雄嶽の)にあるとは・・・
秘仏開帳、あと縁起絵巻の「飛倉之巻」の本物を展示(あとの二巻は複製を展示)していました。

人気投票、私は、
*アリス(一押し)、紫様、文、静葉さま、メルラン
*懐かしき東方の血、フラワリングナイト、グリモワ、古戦場、ハレの日、ひそーてんそく、賢将
に投票しました。
非でグリモワが流れたときは「きたああああ!」と思いました
順位とかの感想についてはまたあとで・・・書くかなあ。

(2.7)

あれ、いつの間にか2月になっているよ。
ちょっと偉そうに正月っぽいことを書きたかったのに・・・
もう立春過ぎたしはい忘却

なにか書かねば
では年末年始に読んだマンガの感想。

菅野デストロイヤーw
次回アクレに対ナポレオン変態トリオ集結か
剃り込み・ハーゲンダッツ
シャッチーwwwww
「具志堅用高とは別人。」  えー

あと
古本屋に、タイトルが
「THE HEIAN-KYO ALIENS」
で表紙絵がキテレツな花咲爺さんな本があったのでなんだこれと開いてみたらゲーム帝国だった
表紙カバー裏返しだったとは・・・

あ、人気投票!?
えーとどうしよう
紫様アリス文
懐かしき東方の血フラワリングナイト
は確定
あとはそのときの気分で

(1.18)

年の明けからなぜか体操服一輪さんというマニアックなリクエストがあったので

忙しい中やっつけました。
結局青組。雲山は紅組。
どないやー
ではまた

(1.10)

昨年後半はいろいろとバタバタしてしまって、とくに年末にいくにしたがって更新もできなくなってしまいすみませんでした。
今年はコンスタントに更新できれば・・・と思いますが、どうなるか・・・
いきなり拍手絵キャプションで諏訪子様の神名ミスってたし。
別所に上げたものは気づいて直したけど、こっちは直してなかったのに外出してから気づき、やはりコメントで指摘されてしまいました。
諏訪子様には大変失礼なことをー
神直日大直日に見直し聞き直し給へと白す事を聞食せと恐み恐みも白すー

で、難波へ強行軍で行ってきました。遠出する機会がしばらくないもので・・・
人通りが多い、と思ったら今宮のえべっさんの十日戎だった。
とりあえず新刊をいろいろ漁ったあと、せっかくだから参拝するぜ!と人の流れに乗って今宮戎神社へ。

なんばパークスから今宮戎神社まで延々と屋台が並んで人の波、神社内やその周辺はものすごい人口密度。
もう暗くなった夕刻ながら拝殿前は賽銭が飛び交い、
巫女さんのほうから「熊手どうですかー、お札どうですかー!」と呼び込んでくるという大変な盛況。
不況ゆえ、商売繁盛のえべっさんの神徳にあずかろうと皆熱心なのだろう。
遠距離移動があるので、残念だけど笹は受け取らず。
その代わり、お札をお受けしました。今年が景気のいい年になりますように。

(1.9)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様には大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。
年始から忙しくて超絶眠いので、取り急ぎ年始の挨拶のみで・・・
新刊買いに行かないとなあ・・・なかなか時間ないけど・・・