×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方FSS・本編パロその1


戻る


「衝撃のカミングアウト」

11巻46−47ページ、ミースがカイエンに自らのとんでもない行為を告白する場面。

魔理沙「アリス…お前…狂ってる…
マトモじゃ…ねえ……」

ていうか狂っているのは私。
こういう需要もあろうかとやってみたら、
原作以上にアブノーマルに。
原作を知らないと何のことやらよくわからないと思いますが、
あまりツッコまないでください。
「上海」はアリス作の魔理沙のファティマ、という設定で。
二人の子供はたぶん幻想郷史上最強のバイアになります。

女性同士でどうなのか、という話ですが、
人間でも、燕の卵を飲んだり日光を浴びたり日の影を踏んで女が身ごもり英雄を生んだ、
という感生説話が伝わっている。
人も精気を享けるだけで身ごもるなら、人ならぬものはもっとその傾向が強いはず。
(えらい神さまになると単体でポコポコとその他の神を生んでるし)
ゆえにアリスやパチュリークラスならば特に問題なk(アーティフルサクリファイス&ロイヤルフレア


CAST:
アリス・マーガトロイド・・・ミース・シルバー・バランシェ博士(ファティマ・マイト)
霧雨魔理沙・・・剣聖ダグラス・カイエン
(上海・・・ファティマ・アウクソー)


「犬度96%」

単行本未収録・
12巻253ページ、プロムナード2“プリマクラッセ・ヒュートラン”より。

さくや「私…わたし…ずっと…ずっと…私…」(ズンッ)
さくや「れみりゃ様……」(むんずっ)
さくや「私…ずっとれみりゃ様のことが…れみりゃ様…」
れみりゃ「そ…その…パターンだけは考えないように―――…
してたんだケド…」
れみりゃ「だめだよさくや!」
(どっ、と押されてひっくり返る)
さくや(えいっ)(押し倒してマウントポジション)
さくや「ああ…れみりゃ様…」
れみりゃ「やっ…やめようよさくや…
ほら…私って一応見た目幼女だし…
この先の恐ろしい想像がいまいちってゆーかー」
さくや「れみりゃ様…いじめてくださいませ…
れみりゃ「いじめるったって ホラ 私 暴力反対戦争反対!
STOP THE BLOOD CHAINね!ねっ?」
さくや(顔を近づけて)「わたし…わたし離れたくない!れみりゃ様と…
お願いします!一生いじめてくださいませ!私を!」
さくや「やっと…やっと見つけた 私のすべてを酷使してくださいそうな方…
私…れみりゃ様の言うことなら何でも聞きます!(うっとり)」
さくや「どんなことでもいたします どんなつらいことでも…
信じられないほどの激しいご要望でも…
私…いえ そ の ほ う が う れ し い …」(どアップ)
れみりゃ(れみりゃ絶体ぜつめェ〜〜〜〜っ  ん?)
れみりゃ「何でも言うこと聞くって…」
さくや「ハイ!」
れみりゃ「じゃあ今すぐはなれて!おねがい〜〜〜っ」
さくや「はい!そういたします でも その前にれみりゃ様を」
さくや「“ご主人様”と呼ばせてくださいませ」
れみりゃ「……あんた…犬?」

以下、絵に続く。


アリス「気がつけ―――――っ!!バカァァァァァァ!!
フツーの人間じゃないってことくらいわかるでしょ〜〜〜っ」

魔理沙「無理だぜ。あの家系は全員そういうところのネジが
ゆるんでるんじゃなくて ぬけ落ちてる」


CAST:
さくや・・・エミリィ
れみりゃ・・・ちゃあ・ティー
ついでに
アリス・・・ナトリウム・シング・桜子
魔理沙・・・ワルツ・エンデ・バビロン(F.U.ログナー)


「輝夜様超適当」

11巻179ページ、フィルモアのハスハ参入初戦後の風景より。

輝夜「ふむ…各騎士に伝えなさい 規律ある蓬莱山騎士であるは当然ですが
本国ではないこの戦に限り多少の規律の乱れを許すと。
ファティマたちにも新型スーツの悪影響が多少出ている様ですね
“野戦仕様”と言うことで幻想郷法を無視してもかまいません!
実戦場からの要望です!ある程度の変更はやむを得ぬと神主に圧力をかけておきなさい!」

で、絵に続く。
注、ファティマは原則として素肌を見せてはいけません。

輝夜さまはいい加減天然なので、師匠も恒常的に苦労している模様。

輝夜さまのファティマは、永琳作のうさみみシリーズの一人。
名前は・・・とくに考えてない。月の海から名前を取って「神酒(ネクタル)」あたりがふさわしいか。


「美鈴、一大決心」

11巻65ページ。ハイト、一大決心の場面。

マジェスティック・スタンドもとい東方最萌2前の中国。
中国:
「優勝さえすれば私は主人公だ!主人公になれるんだ!
どんなネタを使っても、どんな自虐ネタを使ってでも票を重ねて
私はのし上がってやる!」

大それたことを言ってますが、
もちろん咲夜さんとかに聞かれたら速攻で殺されるので、
誰もいないところでやってます。

それにしても、優勝してよかった美鈴。
扱いは全然変わってないけど。

CAST:
紅美鈴・・・アララギ・ハイト(最弱クラスの騎士)


「通行止め」


12巻29ページ、魔導大戦ACT2より、
以前リクエストありましたワルツ・エンデ通行止めの場面より。

最萌2に優勝して萃夢想参戦も決まったので、
ちょっと霊夢に大きく出てみた中国。
このあとは恐ろしくて描けません。



CAST:
美鈴・・・ワルツ・エンデ(ログナー)
霊夢・・・役どころはカエシ、顔はマロリー・ビュラード的に

カエシ役については、
魔理沙ならたぶん「ほう、そうかい」とにや〜っと笑いざま
次のコマでスターダストレヴァリエ。
霊夢なら「なぁ〜にィ〜」と言いそうだったので、
霊夢にしました。
どちらにせよ、元ネタとはあべこべに次のコマで中国瞬殺ですが。

紅魔館は蝶テキトー。
レミリア様すみません。


「瞬殺」

9巻167ページ、コーララとポエシェが瞬殺されるところ。

中国を描きたくなって発作的にやってしまった。
チルノには悪い事をしたと思っている。
だが私は(ry

魔理沙の紅魔館への侵入をチルノと二人で阻もうとしたが、
あえなく返り討ち、というところ。

CAST:
チルノ・・・ビョトン・コーララ
(話の中では主役級のミラージュ騎士ながら、
初登場から二コマめで死亡の可哀そうなひと。
セリフはやられるときの「わあ!!」だけ)
中国・・・ポエシェ・ノーミン(ミラージュ騎士)
魔理沙・・・魔導師ボスヤスフォート


「妹様反乱」

フラン:
「紅魔館の存在意義を忘れ
スカーレットが幻想郷に鎮座するその本質をすり替え
安穏と過ごすふとどき者ら!
力と恐怖そして狂気!
これこそが紅魔騎士団の本性!それを肝に命じよ!」

お前までが出て来るたあこの館はどうなっちまった?
なあ“Q.E.D”よ?
というわけで6巻108ページ、左翼反乱より。

キャストは、
レミリア・スカーレット・・・天照の帝(この場に不在)
フランドール・スカーレット・・・“L.E.D”サリオン(ミラージュ騎士団左翼大隊司令、天照家王子)
十六夜咲夜・・・ハインド・キル(ミラージュ騎士)
パチュリー・ノーレッジ・・・ダグエラン・ルス(元ミラージュ騎士)
博麗霊夢・・・ラキシス(ファティマ。レミリアと仲がいいのでこの配役)
霧雨魔理沙(か森近霖之助)・・・剣聖ダグラス・カイエン
魅魔&幽香・・・カレン&ユーリヒ

という感じで。
レミリアさま不在の間に妹様が出てきて紅魔館大騒ぎ、
よそ者の霊夢がでかい態度をとるので妹様頭に来るも、
その瞬間霊夢の背後に魅魔さま幽香さまの恐ろしい(片方は眠そうな)シルエットが浮かび上がり、
「お…おのれ、何者か…」
とすくみ上がって退散します。


「ゆかりんソード」

第10巻46ページ。
その1の続きっぽいカンジで。

うどんげ:
「きゃーっ!」(人質に取られる)
シューター:
「寄るな小娘!」
萃香:
「う!考えてなかったっそんなマンガみたいな展開!
こんなシーンに出くわすなんてちょっとカンドーしている私
主役ってカンジ!」
シューター:
「ほざけ!後ろを向いて100m歩け振り向くな!
その間におさらば、うどんげは俺の嫁ってわけだ!」
うどんげ:
「なにするですか〜 いやですゥ〜」
萃香:
「ひどいっ!こっ、こりゃひどいっ!
女の子は萌え王道のうさみみっ娘まんまじゃない!
これを何とかしなきゃ鬼じゃないわ!
でもなんにもできない自分が悲しい〜っ!
ゆゆゆーっ…ッ!

ゆ か り ん ソ ー ド っ !!」(ユアッ)←擬音

ドバッ
うどんげ:
「いや――――ん!!」
シューター:
「八雲紫の…!2…B…!」(死ぬ)
萃香:
「決まったわ!女の子はスカートまくれる所まで完ペキ!」


CAST:
鈴仙・・・ママドア・ユーゾッタ
萃香・・・ジャコー・クォン・ハッシュ
シューター・・・バッハトマの忍者
というところで。


「薬が切れる頃」

リクエストに応えてみました。
第1巻ラストのラキ&ソープと、
第10巻トラフィックス2のエスト&ヨーンの合成。
ベタなネタですみません。


CAST:
上段:
ラキシス・・・妹紅
ソープ・・・慧音
下段:
エスト・・・慧音
ヨーン・・・妹紅

セリフは「ソープ様」を「けーね」に変えただけ。
でも慧音のセリフは
「ああ…そろそろ満月になる頃だ…」
でよかったかも。
ていうかそのまま
「愛してるよかわいい妹紅…」
のキスシーンにすればよかった。

「幽々子様春の踊り」

第10巻256ページより、
幽々子さま春の踊り。
紫さまが歌担当、
プリズムリバー三姉妹が音楽担当。
東洋の楽器ですが、うまく演奏しているようです。
ルナサがオーバーニーソックスなのは、なんとなく。
長女っぽい感じだし(何が)。


CAST:
西行寺幽々子・・・プリンセス・タイトネイブ、
八雲紫・・・ラキシス、
プリズムリバー三姉妹・・・楽隊。

「剣聖?」

第10巻149ページより。
八意永琳:
「さあ、因幡てゐ!鈴仙・優曇華院・イナバ!
全力をもってその男にいどみなさい。
生き延びることができれば、さらなる成長がまっていることでしょう。
しかし…あなた方の力がおよばなかった時は…」

どうなるのか?


CAST:
霖之助・・・カイエン
鈴仙・・・ユーゾッタ
てゐ・・・クリスティン・V
永琳・・・おばあちゃま

勉強不足で霖之助の衣装のカラーリングが一部間違ってます。

「うどんげ自重しろ」

10巻150ページ、
憧れのカイエン様を前にして壊れるユーゾッタの場面より。

#2の直後の場面。
永琳師匠にうまいことけしかけられて霖之助と戦わなければならなくなった鈴仙とてゐ。
「そのかわり僕の攻撃に耐えられたら“褌”をやろう!
香霖堂主人 森近霖之助だ!」
と名乗りを上げた霖之助の狂気に、鈴仙ちょっと当てられ気味。

しかし、霖之助との戦いっていったいどうなるんだ。

小さなてゐをえいやっと描いてみたら、
鈴仙を蔑むような表情が滲み出て、とてもいい感じになった。
鈴仙の脚がユーゾッタと同じく黒ストッキングのままなのは、
なんか最近こういうのが「正義」だと小耳に挟んだので。


「剣聖??」

11巻194ページ、
バキン・ラカンの聖帝ミマスが、
剣聖カイエンにマドラ・モイライの力を測ってもらう場面。
マドラは姿も変わる二重人格者なので当てるなら慧音さんが妥当と思ったけど、
自分の潜在意識がそうさせず、なぜか妖夢に。
それでも「妖夢は作品ごとに性格変わってるから大丈夫」、
「ハリス=妖忌という繋がりができるので適切かも」
というコメントを頂いたので、なるほどと思った。

妖夢の力をいまいち測りかねる幽々子、
騎士の力を判定できる能力があるらしい剣聖・森近霖之助のところへ
彼女を連れて行った。
幽々子「霖之助さん、この子、どうでしょうか〜」
こーりん「どうも何も幽々子さん…あなたの思っているとおりじゃないですか。
負ける戦はしないってのが僕の持論なんですが
まあ、一生に一回くらいは本気出せる相手とやってみてもいいかとか
思ったわけですよ
どうせ本気出すような相手なんていはしませんがね」
(分身)
こーりん「Shake it up baby!!」(分身たちが一斉に妖夢に攻撃をかける)
幽々子「霖之助さん、ちょっとまってください〜」
で、左に。

こーりん「どおおお〜 見えないィ〜
ぼぼぼ、僕の残像ミラーの連弾衝撃波、十字架手刀
トリプルヘクサグラムのついでにMHT(マキシマム褌タイフォーン)の
本体ミラー48分身光速スカートまくりがァァァァっ!!
白いものが!白いものが一片も見えない〜〜〜
絶白の三角形が見えない〜〜〜っ
僕の最速攻撃を阻止しやがった〜〜〜前も後も―――!」

うどんげ「この 底ナシのダメ男……」(わなわなわな)
幽々子「霖之助さんの動きを見切るなんて…信じられません〜
私なんておっぱいの所までぐあば〜〜とめくれ上って
カオかくしたのにおしりまる見え〜〜〜〜っ」
うどんげ「(この女も信用できん…)」
妖夢「ひどいっ…なぜ私が う……う……うわーん!」

こーりん最低だ。
ていうか妖夢の性格はいったいどの作品のでFAなのか。
個人的には香霖堂に出てきたドジっ娘妖夢で 何も 問題は ない んですけど。

CAST:
森近霖之助・・・剣聖ダグラス・カイエン
魂魄妖夢・・・マドラ・モイライ(紅の剣聖)
(西行寺幽々子・・・バキン・ラカン帝国聖帝ミマス)
(鈴仙・・・ファティマ・アウクソー)

(魂魄妖忌・・・小天位オルカオン・ハリス、バキン・ラカン聖帝直属騎士、マドラの父)

「ぱたぱたはためく卍傘」

紫さま、傘で攻撃コンマ1秒前。

この時萃香を連れてぶらぶらしていたところ、事件に出くわして戦闘モードに。
頂いたコメントをちょいと変えて・・・

萃香:
「いいから紫はそいつら捕まえて! 殺しちゃダメだよ!」

紫:
「わたくし一体どこであの子の育て方間違ったのかしら。
 お転婆なんだからもう、これだから鬼っていうのは……犬科も小言がうるさいけど」
「あそこね…妖怪ではないようだわ。シューターのよう……
 では…! お待ちになって……」

 <<弾幕結界>>
ウボァー

紫:
「あらっ……?
 ごめんなさい、萃香……紫は強すぎました。ダメみたい……」

で、ほかのシューター追いかけていった萃香は、その5へ続く。

キャストは、
八雲紫・・・ミラージュ騎士イマラ・ロウト・ジャジャス
(伊吹萃香・・・ジャコー・クォン・ハッシュ)